CALENDAR 

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 MY PROFILE 

Kohno Sara

Name / Kohno Sara

 Twitter 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | |


ねっむい~ ねっむい~♪
鼻歌もむなしく、睡魔がつきまとう。
最近、私は寝すぎじゃ。

帰り道、起きておくのをあきらめて、
半寝状態で歩いてみていたら、
膝カックンされたみたいになって、
ひざまづいてしまった。

膝の皿の痛みに驚いて動かずにいると
浴衣姿の女の子が声をかけてくれて、
心配そうな顔をしてるから
「眠くてこけました」
と伝えると、キャハキャハ笑うので、
嬉しくなって、痛いのだけど一緒に笑う。

なんとなく一緒に歩き出すと、
「こないだファミマで寝てたよね。」
と言われて、即座に思いあたる。

頭痛をやり過ごそうと、
ファミマで立ち読みするふりをしながら、
かなりの時間、目をつぶって立ってた時だ。
でも説明するのも面倒で。
なぜかと言うとまた眠くなって来ていた。

「また寝ないで下さいよ。
今おんぶ出来ないし。」

と言われて、浴衣越しの華奢な肩に
私がおいかぶさる姿を想像して、
それだけは避けなければと思う。




(沈黙…足音パタパタ)




「こりゃ、綿菓子ごっこなんで」

えっ?と大きな声を発してしまう。
次の瞬間、女の子は笑いながら、
じゃあねと手をふって去っていく。

これは夢か?綿菓子ごっこって?
何じゃ?聞き間違えた?えっ?
とパニックってる間に、
彼女の姿は曲がり角に消えてしまった。

気になって仕方ないのだけど、
やはり今夜も睡魔の勝ち。

スポンサーサイト

Diary | comment(0)|


<<終了しました。 | TOP | もともこもない>>

comment











管理人のみ閲覧OK


| TOP |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。